58.あなたは真のイエスを信じているか?

 

あなたは真のイエスを信じているかどうかを確認する方法をご存知ですか。真のイエスとは、悪魔の兄弟であるモルモン教のイエスでも、大天使ミカエルであるエホバの証人のイエスでもなく、また勿論それはニューエイジムーブメントの教える単に神の意識と調和した人間でもありません。真のイエス、本物のイエスとは、聖書の中にあるイエスのことです。

 

・聖書のイエスは私たちの祈りの対象(使徒7:55-60、詩篇116:4、ゼカリヤ13:9、1コリント1:1-2)

・聖書のイエスは礼拝される方(マタイ2:2、2:11、14:33、28:9、ヨハネ9:35-38、ヘブル1:6)

・聖書のイエスは神と呼ばれる(ヨハネ20:28、ヘブル1:8)

 

カルト神学では、イエスは何らかの形の被造物です。(これが、エホバの証人がコロサイ1:16-17に「その他」という言葉を4回追加する理由です)。 ですから、イエスに祈ったり、イエスを礼拝したり、イエスを神と呼んではならないのです。

 

もしあなたがクリスチャンであるなら、あなたはイエスに祈ることができるでしょう。父なる神と等しくイエスを礼拝することができるでしょう。そして、あなたはイエスをあなたの主、また神と呼ぶことができるでしょう。カルト信者はそれができません。 カルト信者は偽りのイエスを信じているので、救いの希望も偽りの希望に過ぎません。

 

 

以下は上記のポイントの発展させたものです

 

もしあなたが真実ではないイエスに信仰を置くなら、あなたの信仰は何の役にも立ちません。信仰の力は、信じるという行為にではなく、その対象にあります。偶像をどんなに熱心に信じても、その信仰には何の意味もないのと同じです。 たとえ誠実な心での信仰でも、偽りのメシヤを信じるなら、そのメシヤは神と人との間にある深い罪の溝を埋めることはできません。聖書のイエスだけがそれをなすことができます。では、真のイエス、本物のイエスとはどういうお方でしょうか?

 

イエスは、ご自分だけが父なる神を明らかにしたと言われました(マタイ11:27、ルカ10:22)。

「すべてのものが、わたしの父から、わたしに渡されています。それで、父のほかには、子を知る者がなく、子と、子が父を知らせようと心に定めた人のほかは、だれも父を知る者がありません。」(マタイ11:27)

 

ですから、真の神を知るためには、まず真のイエスを知る必要があります。問題は、真のイエスをどのように認識しているかということです。それは簡単です、聖書を見てください。もしあなたが、「神よ、私の霊をお受け取り下さい」と祈るなら、あなたは誰に祈っていますか? 神ですね。

 

もしあなたが、「イエス様、私の霊をお受け取り下さい」と言えば、あなたは誰に祈ってますか? イエス様ですね。

 

使徒の働き7:59で、ステパノは聖霊に満たされ、イエスに祈りました。そして、人々がステパノに石を投げ続けていたとき、ステパノは主を呼び求めて、「主イエスよ。私の霊をお受け下さい」と言いました。

 

ステパノはイエスを通してだけでなく、イエスご自身に祈りました。それが彼にとって受け入れられるものなら、それはあなたにとっても同様です。聖書のイエスは祈りの対象となるお方です。私はイエス様に祈ります。あなたはいかがですか? もし「はい」なら、それは良いことです。もし「いいえ」なら、その理由はなぜですか?

 

しかし、あなたは、「イエスは父に祈るように言われた」と言われるかもしれません。確かに私も父なる神に祈ります。しかし、私はステパノがしたようにイエス様にも祈ります。もし教会が父なる神だけに祈るなら、なぜステパノは聖霊に満たされて、イエス様に祈ったのでしょうか。彼は間違ったことをしたのでしょうか? 1コリント1:1-2と詩篇116:4も参照してください。主の御名を呼び求めることは祈りであり、祈りはコリント教会によってイエスに向けられています。

 

 

イエスは礼拝された

 

・「そこで、舟の中にいた者たちは、イエスを拝んで、「確かにあなたは神の子です。」と言った。」(マタイ14:33)

・「すると、イエスが彼女たちに出会って、「おはよう。」と言われた。彼女たちは近寄って御足を抱いてイエスを拝んだ。」(マタイ28:9)

・マタイ2:2、2:11、14:33、28:9、ヨハネ9:35-38、ヘブル1:6参照

 

聖書のイエスは祈られ、礼拝されています。あなたはイエスの弟子たちがしたことをされますか? あなたは真のイエスに祈り、イエスを礼拝しますか?

 

イエスに祈ることはモルモン教とエホバの証人の神学に反しますが、イエスを礼拝するときにはイエスに祈ります。イエスを礼拝する場合、イエスに祈らずにどうやってそれができるでしょう? また、イエスがヨハネ5:23で言われたように、あなたは神を敬うようにイエスを敬いますか? そうでないなら、その理由は何ですか?

 

対処すべき問題がもうひとつあります。 あなたはイエスをあなたの主また神と呼んでいますか?

 

イエスの復活後、イエスは多くの人々にご自身を現されました。その一例はトマスです。そのとき、トマスはイエスに言いました。「私の主。私の神。」(ヨハネ20:28)

 

「私の神」とは、今日使われている異教の表現です。ここから二つのポイントが得られます。第一に、今日の異教徒のように、あなたは敬虔なユダヤ人のトマスが誓ったことに同意しますか? 第二に、聖書には誓いの言葉の説明はありません。ペテロはマルコ14:71で、イエスを知らないと誓って言いました。トマスが誓ったのか、あるいは単に深い驚きの声をあげたのかを示す証拠は何もありません。

 

 

神はヘブル1:8でイエスを神と呼んでおられる

 

「(神)は、御子については、こう言われます。『神よ。あなたの御座は世々限りなく、・・・』(へブル1:8) 残念ながら、エホバの証人の聖書(新世界訳)では、ヘブル1:8は、『神は限りなく永久にあなたの王座、・・・』と記されています。これは、技術的に言えば、正しい翻訳です。 その理由は、この節のギリシャ語では、「神」と「王位」という言葉が両方とも交換可能な名詞構造で終わっているためです。 しかし、彼らにとっての問題は、そのように翻訳することのできない詩篇45:6を引用していることです。

 

 

結論

 

聖書のイエスは祈られ(使徒7:55-60;詩篇116:4とゼカ13:9、1コリント1:1-2)、礼拝されます(マタイ2:2、11; 14:33 ; 28:9;ヨハネ9:35-38;ヘブ1:6)、そして主また神と呼ばれました(ヨハネ20:28;ヘブ1:8)。 もし私が間違ったイエスを信じていて、そのために私が間違った神に仕えているなら、なぜ私はイエスに祈り、イエスを礼拝し、そして聖書が教えるようにイエスを私の主また神と呼びますか? それと反対に、もしあなたが真のイエスを信じているなら、なぜあなたはそのようにしないのですか? なぜエホバの証人の神学は聖書に同意しないのですか?

 

答えは簡単です。異端のイエスは真のイエスではないからです。

 

 


ラスベガス日本人教会

Las Vegas Japanese Community Church

1800 East Desert Inn Rd. Las Vegas, NV 89169
TEL: 702-250-0966 | https://lvjcc.com/