作者別: LVJCC.com

LVJCC・ニュースレター

LVJCC・ニュースレター | October, 2019

ラスベガス日本人教会 DesertWind・ニュースレター October, 2019   『『福音の力』(ヨハネ8:1-11)』  LVJCC 牧師:鶴田健次   イエス様がエルサレムの神殿に入られると、多くの人がイエス様の教えを聞くために集まって来ました。その時、イエス様を待ち構えていたかのように、律法学者やパリサイ人たちがContinue reading

LVJCC・ニュースレター

LVJCC・ニュースレター | September, 2019

ラスベガス日本人教会 DesertWind・ニュースレター September, 2019   『『聖書の死生観』 (第二コリント5:1)』  LVJCC 牧師:鶴田健次   2013年8月7日、ラスベガス教会の24歳になる姉妹が交通事故で天に召されました。青天の霹靂というか、本当に突然の出来事でした。 奇しくもこの日は私の娘のContinue reading

LVJCC・ニュースレター

LVJCC・ニュースレター | August, 2019

ラスベガス日本人教会 DesertWind・ニュースレター August, 2019   『天地は滅びても、主の言葉は滅びない』  LVJCC 牧師:鶴田健次 人類最初の人アダムの堕落によって、彼の中に罪が入 り、その子孫であるすべての人間は生まれながらに罪を 持つ者となりました。そしてこの罪のために、人は一度死 ぬことと、Continue reading

LVJCC・ニュースレター

LVJCC・ニュースレター | July, 2019

ラスベガス日本人教会 DesertWind・ニュースレター July, 2019   『愛は人を変える』 (ヨハネ21:1-17) LVJCC 牧師:鶴田健次   ヨハネの福音書21章には、イエス様が復活された二週間 後の出来事が記されています。ペテロたちは一晩中漁をしましたが、一匹の魚も獲れず、ヘトヘトになって岸に戻Continue reading

LVJCC・ニュースレター

LVJCC・ニュースレター | June, 2019

ラスベガス日本人教会 DesertWind・ニュースレター June, 2019   『素晴らしき神の愛』 (Iヨハネ3:1-10)   今日は第一ヨハネ3章の御言葉を開きたいと思います。ヨ ハネは1章、2章において「神は光である」というテーマで語りま すが、3章からは「神は愛である」というテーマで語ります。これ がContinue reading

LVJCC・ニュースレター

LVJCC・ニュースレター | May, 2019

ラスベガス日本人教会 DesertWind・ニュースレター May, 2019   『わが助けは、どこから来る?』(詩篇121篇)   詩篇121篇は「都もうでの歌」で、神の守りということが高ら かに賛美され、確信に満ちて語られています。 ユダヤ人たちは 毎年、至る所から神様を礼拝するためにエルサレムに行きまし た。彼らは長い旅Continue reading

ミニストリー

アクティビティミニストリー開始!

主の御名を賛美いたします! ラスベガス教会、教会学校/子供ミニストリー担当の治美です。 教会学校には、色々なバックグラウンドのご家庭から、年齢や性格の違う子供達が集って来ています。元気一杯の子、おっとりしている子、外交的な子、恥ずかしがり屋の子、それぞれユニークな性格を与えられ、皆神様から愛されている大切な子供達です。 私たちの教会にとって、子供達Continue reading

牧師のブログ

Win-Winの関係 | 牧師室より#282

今日は、‘Win-Winの関係’ということについて考えてみました。 人間関係は、いつの時代においても、豊かな人生を送るための大切な要因です。そして、さまざまな人間関係の中でもWin-Winの関係が最良の結果をもたらすものであることは周知の事実です。 あなたの人間関係はどうですか? 特にビジネスをしておられる方にお聞きします。あなたはビジネスの相手とContinue reading

驚くばかりの恵み

やり直しの人生

ハレルヤ!!主イエス様の御名を心から賛美いたします。私がラスベガス日本人教会に来るようになって、もう5年が過ぎました。あれは、2005年の夏のことでした。教会の松岡みどり姉が発行しておられる日本語の情報誌「ラスベガス・アイズ」にあった、「すべて重荷を背負っている者は私のもとに来なさい(マタイ11:28)」の御言葉に強く心を打たれたのが教会に来るきっContinue reading

驚くばかりの恵み

キリストの愛、燦燦と

   2008年9月25日。昼ごろ、自宅のリビングルームで、独りでくつろいでいる時、私は身体の異変に気づきました。即座にストロークであることが、自分なりに把握できたのです。幸いにも、まだ少しだけ体が動けましたので、直ちに911へ通報しました。それから先は、意識が途絶えてしまって、知る由もありません。 病院のICUにいた折りに、お見舞いに来てくれた友Continue reading