道徳論的証明

カントは理論理性によっては神の存在を証明することはいかなる方法でもできないと考えました。しかし道徳的実践においては、実践理性の必然的な対象である最高善の実現のために神の実在と魂の不死とが要請されるとしたのです。簡単に言い換えれば、神の存在を論理によって証明すること自体が間違いで、人間が善く生きるためには神が必要なのは当たり前であるという考えです。

カントはすべての人間が道徳法則に従うことを善としています。
道徳法則に従った行為をなしうる有徳な人間は最上の善を持つ。しかし、有徳であるだけでは善は完全ではなく、善がより完全であるには有徳さに比例して幸福が配分されねばならない。徳とそれに伴う幸福との両立が完全な善としての最高善である。まずもって不完全である人間が最も有徳であるためには無限な時間が必要である。そこで永遠に道徳性を開発せねばならず魂の不死が要請される。また、この徳と幸福の比例関係の保証は神によってなされるしかあり得ない。そのため、神の存在が道徳的、実践的見地から必要とされるのである、という考えです。


ラスベガス日本人教会


Las Vegas Japanese Community Church

1800 East Desert Inn Rd. Las Vegas, NV 89169

TEL: 702-250-0966 | https://lvjcc.com/